クリニックのレーザーによる髭脱毛・その種類にはどのようなものがある?

いろいろな種類のあるレーザー脱毛
髭脱毛に対応しているクリニックもたくさんあります。クリニックの場合、メンズエステとは違って医療レーザー脱毛を実施しています。医療レーザー脱毛の中には、さらにいくつかの種類があります。主要なところではアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、メディアスター、YAGレーザー、ルビーレーザーといった種類が出てきます。この中でも医療レーザー脱毛は、大きく2系統に分類することが可能です。

毛根を破壊するレーザー脱毛
一つ目の鬚脱毛は、毛根を破壊してしまうレーザー脱毛です。ムダ毛の黒に反応するレーザーを照射することで、毛根を焼き切ってしまいます。毛根には毛乳頭や毛母細胞のような髭の成長に欠かせない組織があります。この部分を破壊すれば、髭が再生することもないです。このような毛根を破壊するレーザー脱毛として、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーといった種類が含まれます。これらのレーザーは効果が高いですが、施術中の痛みは強烈かもしれません。しかし何度も施術を受けると髭も薄くなるので、だんだんと痛みも少なくなるでしょう。個人差がありますが、3回も施術を受ければ、だいぶ痛みも軽減されるはずです。

バルジを破壊して髭脱毛
上で紹介した毛根を破壊するアプローチがレーザー脱毛の主流でした。しかし最近注目されているのが、バルジを破壊するタイプのレーザー脱毛です。バルジとは聞きなれないかもしれませんが、体毛の成長に栄養を供給するものをさします。この部分を破壊することで、ムダ毛の成長する栄養分を断ち切ってしまうスタイルです。兵糧攻めにして、ムダ毛の成長できない環境を作ります。代表的なこの系統のレーザー脱毛として、メディオスターがあります。バルジを破壊するのは毛根を破壊するのと比較して、レーザーのエネルギーはあまり必要ありません。出力を低く抑制できるので、施術時の痛みはかなり軽減できます。