髭脱毛のレーザーの出力と痛みは比例する?

レーザー脱毛は痛みの伴う可能性が高い
クリニックで髭脱毛を行っているところもたくさんあります。クリニックの脱毛では、医療レーザー脱毛と呼ばれる機器が用いられます。エステサロンで使用されるフラッシュ脱毛と比較すると、出力が強い分、より短期間で硬化の現れる可能性は高いです。しかしその反面、フラッシュ脱毛と比較すると施術中痛みが強く出る可能性があります。

全身の脱毛の中でも痛みで言ったら、髭とすね毛はツートップといっても過言ではありません。医療レーザー脱毛で髭の施術をお願いした場合、意識していなくても勝手に目から涙が出てしまいます。我慢できないことはないかもしれませんが、涙が出るくらいの痛みだと思っておきましょう。

最初のうちは低出力で行うことが多い
クリニックで初めて医療レーザー脱毛を行う場合、多くのところで少し出力は抑えめにしていることが多いです。レーザーの出力と痛みは比例していて、出力が大きくなればなるほど痛みの度合いもどんどん増していきます。ですから最初は痛みに慣れてもらうために、出力を低めにしてあまり痛みがないようにケアしています。そして痛みに慣れてきたところで、徐々に出力を上げていって、しっかりひげ脱毛を行っていくスタイルをとっているクリニックが多いです。

満足できないようであれば自分から言おう
髭脱毛をしているときの痛みの度合いですが、人によってかなり個人差があるでしょう。中には耐えられないような激痛に感じられる人もいれば、痛みにもともと強い人であれば、多少出力を上げてもらっても構わないというケースも出てくるはずです。もし医療レーザー脱毛を受けて、別にそれほど痛くないと思ったのであれば、出力を上げてもらうこともお願いできます。この場合、自分からエステティシャンに出力を上げてほしいとお願いしましょう。ただし急に上げると激痛を伴うことがあるので、ゆっくり出力を上げてもらうようにお願いすることがポイントです。